1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US]軽減税率
コンビニ食品に 「店内飲食禁止」条件 財務省

財務省は、来年10月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率を巡り、店内に椅子やテーブルを置くコンビニやスーパーなど小売店の対応基準を明確化した。「飲食禁止」を明示し、実際に客が店内で飲食しないことを条件に、店内で販売する全ての飲食料品(酒類除く)に8%の軽減税率を適用する。

軽減税率は飲食料品に適用され、外食と、小売店の飲食スペースで飲食する場合の税率は10%になる。店内飲食スペースがある場合、会計の際、客に持ち帰りか店内で飲食するかを確認する必要がある。

(略)

 一方、店内で飲食が可能な場合は、軽減税率の適用には持ち帰りの意思を確認することが必要。日本フランチャイズチェーン協会の関係者は「(顧客の需要を踏まえ)コンビニ業界としては既存の飲食スペースを飲食禁止にすることは考えていない」としている。【井出晋平、今村茜】
https://mainichi.jp/articles/20181005/k00/00m/020/130000c 
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/10/05/20181005k0000m020134000p/9.jpg 
簡単に言うと
  • 軽減税率=一部の商品類の税率を低くする
  • コンビニで食べていくなら10%、持ち帰りは8%
  • 8%になったとしても事業者は大変
続きを読む