わかりやすい政治にゅーす

政治ニュースを興味ない人・とっつきにくいと思っている人でもわかりやすく、楽しく見れるように更新していきます!

  • ホーム
  • 日本の出来事
  • 世界の出来事
  • 日本の政治
  • 世界の政治
  • ネットで話題
  • Twitter
  • RSS

    タグ:安倍晋三

    1: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [ニダ]安倍首相増税
    消費税率の10%引き上げは予定通り 安倍首相が方針を固める

    安倍首相は、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めた。社会保障制度を全世代型に転換する財源を確保するため、増税は不可避だと判断した。

    15日の臨時閣議で表明し、増税の影響を和らげる対策の検討を指示する。中小小売店での商品購入時にクレジットカードなどを使った消費者に対し、購入額の2%分をポイントで還元する案などが柱となる。政府は15日に臨時閣議を開き、2018年度第1次補正予算案を決定する。首相はこの席上、増税を実施する決意を示すとともに、具体的な増税対策について指示する方向だ。

    増税の最終判断時期を探っていた首相は、自身の経済政策「アベノミクス」の成果でデフレ脱却を実現しつつあり、様々な増税対策を総動員すれば個人消費の落ち込みは抑制できると判断した。
    http://news.livedoor.com/article/detail/15441165/
    簡単に言うと
    • 消費税率を19年10月に10%にする方針を固めた
    • 社会保障制度の財源確保のため、増税は不可避と判断
    • 増税の影響を和らげる対策の検討をするとの事
    続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★
    記事画像テンプレート
    第4次安倍改造内閣の顔ぶれ固まる 12人が初入閣

    安倍総理大臣は第4次安倍改造内閣の顔ぶれを固めました。法務大臣には、先の総裁選挙で石破元幹事長を支持した当選3回の山下貴司氏を抜てきするほか、地方創生担当大臣に片山さつき氏を起用するなど、安倍内閣としては最も多い12人を初入閣させることになりました。
    安倍総理大臣は午前11時半すぎから閣議を開き、閣僚の辞表を取りまとめました。そして、これまでの調整で、第4次安倍改造内閣の19人全員の閣僚の顔ぶれとポストが固まりました。

    それによりますと、法務大臣には、先の総裁選挙で石破元幹事長を支持した自民党石破派の山下貴司氏を起用します。山下氏は、当選3回で初めての入閣です。

    (略)
    自民党の派閥別に見ますと、麻生派が最も多く4人、次いで細田派、岸田派、二階派がそれぞれ3人、竹下派が2人、石破派が1人、無派閥が2人となっています。石原派からの入閣はありませんでした。連立を組む公明党からは石井啓一国土交通大臣が留任しました。参議院から3人。参議院からの入閣は、世耕弘成氏、山本順三氏、片山さつき氏の3人で、改造前より1人減りました。女性の入閣は片山さつき氏の1人です。安倍内閣では、これまで女性閣僚を2人以上起用してきましたが、今回は1人にとどまりました。
    https://i.imgur.com/wkkgSDU.jpg
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181002/k10011654971000.html 
    簡単に言うと
    • 現場から信頼のある小野寺氏が卸された。
    • 実力のある片山さつき氏、だが大臣は不安
    • 総理「全員野球内閣」実務型の人材との事
    続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [ニダ]
    ba8e45b9.jpg


    百田尚樹@hyakutanaoki
    今週、木曜日の「虎ノ門ニュース」は、皆さんがびっくりするような人がゲストです! その人物とは誰か?! 後ほど、発表します!

    木曜日の「虎ノ門ニュース」のゲストは、もちろん番組初登場です!
    9月6日、木曜日の「虎ノ門ニュース」のゲストは…



    なんと、
    安倍晋三内閣総理大臣です!!
    皆さん、是非、ご覧ください!

    自民総裁選、安倍首相陣営が決起集会 代理出席含め346人
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3463072.html



    『真相深入り! 虎ノ門ニュース』とはインターネット番組
    DHCテレビがYouTube Live等の動画共有サービスにてライブ配信を行っている報道番組、ニュースショーである。月曜から金曜日まで朝の8時から10時まで放送しており、曜日ごとによりコメンテーターが変わる。


    続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★
    記事画像テンプレート

    国民投票は「政権選択の投票でない」…安倍首相

     自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)への出馬を表明した安倍首相(党総裁)は31日、読売新聞のインタビューに応じた。憲法改正の国民投票について、「日本をどのような国にしていくかという観点から1票を投じるものだ」「政権選択の投票でないと明確にしないといけない」などとして、投票結果は自らの進退に直結しないとの考えをにじませた。

     また、「野党の支持者でも、(憲法を)改正したいと考えている方々はいる。政局的な観点から国民投票が行われるのは避けるべきだ」と語り、野党を含めた幅広い合意を目指す姿勢を示した。その上で「党のリーダーとして(国民投票の実施を)決断する以上、大きな覚悟を持たなければならない」とも述べた。
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180901-OYT1T50000.html

    簡単に言うと
    • 国民投票は"憲法改正"についてであり、現政権の是非を問う投票ではない
    • 憲法改正の国民投票では参・衆議院で可決してから国民投票によって決まる
    • 現政権下での憲法案が反対されても辞職はしないという意思の表れ?


    続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/08/05(日) 20:32:58.33 ID:a4yf4fOz0● BE:324064431-2BP(2000)
    アベノミクスは失敗したのか 「経済好循環」は今が正念場

    日本銀行は7月31日に金融政策決定会合を開き、金融緩和策の修正を決めた。
    長期金利を「0%程度」としている政策の大枠は維持しつつ、長期金利の上昇を「0.2%程度」まで容認するのが柱で、黒田東彦総裁は「金融緩和の持続性を強化するため」だと狙いを説明している。

    背景には日銀が目標としてきた「2%」の物価上昇がなかなか達成できないことがある。
    2013年に黒田総裁が就任するや否や「異次元緩和」と呼ばれた大胆な金融緩和に踏み出し、マネタリーベースを2倍にして、2年で2%の物価上昇を達成するとした。
    ところがデフレ圧力は強く、物価はなかなか上昇しなかった。2%の目標は掲げたまま、達成年限を何度も先送りしてきた。

    今回、日銀は、消費者物価上昇率(生鮮食品を除く)の見通しを、2019年度は4月時点の1.8%から1.5%に、20年度は1.8%から1.6%に引き下げた。この結果、目標の2%には20年度も届かないことがはっきりしたことになる。
    日銀は今後も長期にわたって金融緩和を継続せざるを得ず、その副作用を緩和するために長期金利の上昇容認に動いたとみられる。
    2%の物価安定目標への到達メドが立たなくなったことで、「アベノミクスは失敗した」という声が再び高まりそうだ。

    (略)
    https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/238117/080200082/



    続きを読む

    このページのトップヘ