わかりやすい政治にゅーす

政治ニュースを興味ない人・とっつきにくいと思っている人でもわかりやすく、楽しく見れるように更新していきます!

  • ホーム
  • 日本の出来事
  • 世界の出来事
  • 日本の政治
  • 世界の政治
  • ネットで話題
  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: 日本の政治

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US]
    玉城デニー敗訴
    「裁判の乱発控えるべきだ」 知事初当選の玉城氏 琉球新報社で新基地建設阻止への思い語る

    琉球新報社は1日、9月30日の県知事選で初当選した玉城デニー氏(58)を那覇市泉崎の琉球新報本社に招き、当選インタビューを行った。

    名護市辺野古新基地建設に対する公有水面埋め立て承認の撤回をめぐり、政府が撤回の効力停止に向けて法的対抗措置を打って出る姿勢を見せていることについて「法的手続きをとる前に県と協議をする姿勢を求める。裁判の乱発をすることは控えるべきだと言わなければならない」と述べ、問題の解決に向けて政府と協議に求めていく姿勢を示した。
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-811898.html

    簡単に言うと
    • 辺野古移設はすでに最高裁で敗訴
    • 県知事の権限では基地移設阻止の権限がない
    • 国が法廷闘争した場合、打つ手段がないとも
    続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [CN]沖縄県知事選出口調査
    沖縄知事選、玉城デニー氏が初当選…野党支援

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画の是非などが争点となった沖縄県知事選は30日投開票され、立憲民主、共産などの野党が支援する新人で、移設に反対する前衆院議員の玉城たまきデニー氏(58)(無)が当選した。与党などが推した前宜野湾市長の佐喜真淳さきまあつし氏(54)(無=自民・公明・維新・希望推薦)ら3人を破った。政府は名護市辺野古への移設計画を予定通り進める方針だが、影響は避けられない見通しだ。

     玉城氏は30日夜、那覇市内で「辺野古に新しい基地を造らせないという思いはぶれずに全うしたい。政府にしっかりと思いを伝えていきたい」と語った。

     玉城氏はラジオのDJ、タレント、沖縄市議を経て2009年に民主党から衆院沖縄3区で初当選。離党後は自由党の小沢共同代表と行動をともにし、同党の幹事長も務めた。
    https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20180930-OYT1T50159.html

    簡単に言うと
    • 18・19、20代は佐喜真氏を支持
    • 30代は五分で40代から玉城氏が優勢だった
    • 60代以降は7:3で玉城デニー氏を支持

    続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [PE]記事画像テンプレート
    沖縄知事選、玉城デニー氏が初当選…野党支援

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画の是非などが争点となった沖縄県知事選は30日投開票され、立憲民主、共産などの野党が支援する新人で、移設に反対する前衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)(無)が当選した。

    与党などが推した前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)(無=自民・公明・維新・希望推薦)ら3人を破った。政府は名護市辺野古への移設計画を予定通り進める方針だが、影響は避けられない見通しだ。

    米軍基地問題に揺れる沖縄県で、駐留米兵を父に持つ知事の誕生は初めて。玉城氏は、ラジオのDJ、タレント、沖縄市議を経て2009年に民主党から衆院沖縄3区で初当選。離党後は自由党の小沢共同代表と行動をともにした。

     知事選は当初、11月に予定されていたが、翁長雄志(おながたけし)氏の死去に伴って前倒しされた。玉城氏は、辺野古への移設計画に反対してきた翁長氏の「後継」として擁立され、翁長氏を支えた保革共闘の枠組みで選挙戦を展開した。「翁長知事の遺志を引き継ぐ」などとアピールし、「弔い選挙」を前面に打ち出す戦術で支持を拡大した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00050159-yom-pol

    簡単に言うと
    • 玉城デニー氏が当選した。
    • 翁長氏の弔い合戦が功を奏したか
    • 佐喜真氏の実績としての発言力不足か
    続きを読む

    1: クソ茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US]
    記事画像テンプレート
    沖縄知事選、投票始まる 佐喜真氏と玉城氏の一騎打ち
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/322266

    第13回県知事選は30日午前、投票が始まった。
    前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、「オール沖縄」勢力が推す前衆院議員の玉城デニー氏(58)による事実上一騎打ちとなっている。大勢は同日午後11時ごろに判明する見通し

    県選挙管理委員会によると、14~29日までの期日前投票者数は40万6984人となり、選挙人名簿登録者数(12日現在)115万8569人に占める割合は35・1%となった。

    簡単に言うと
    • 事前調査では玉城デニー氏有利
    • 最終情勢では佐喜真氏が優勢
    続きを読む

    1: ガーディス ★
    記事画像テンプレート
    朝鮮学校除外「国主張認められた」 菅義偉官房長官、大阪高裁判決に

    菅義偉(すが・よしひで)官房長官は28日午前の記者会見で、大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を高校授業料無償化の適用対象から除外したことは違法ではないとした大阪高裁の27日の控訴審判決について「国の主張が認められたものと受け止めている」と述べた。

     全国5つの地裁で起こされた5件の同種訴訟で初の控訴審判決で、1審判決が出ている4件のうち唯一違法とした昨年7月の大阪地裁判決が見直されるかが焦点だった。朝鮮学校の高校無償化は、旧民主党政権時代の平成22年に始まったが、自民党が政権奪還した後の25年に対象から除外された。

     菅氏は「適正な学校運営について十分な確証を得られず、審査基準に適合すると認められなかったことなどを理由に、文部科学省が法令の趣旨に沿って適切に判断した」と述べ、判断の正当性を強調した。

     訴訟は、朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは不当な差別で憲法違反にあたるとして、大阪朝鮮高級学校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が取り消しなどを求めて起こした。
    http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180928/afr1809280007-s1.html

    簡単に言うと
    • 旧・民主党の菅直人政権下で朝鮮学校無償化されていた
    • 自民党が政権奪還した後の平成25年に無償対象外にした

    続きを読む

    このページのトップヘ